ホーム > 保険と自費の違い

保険と自費の違い


保険と自費の違いって?

「えっ、審美?そんなの関係ないよ。保険で十分でしょ」 「今は、前歯でも保険で白くなるんでしょ?だったら、保険で十分だよ」 「奥の歯は別に、見えないから銀歯でもいい」 このようにおっしゃる方がいらっしゃいます。

保険での治療が十分な治療だと思われています。 しかし、果たして本当にそうなのでしょうか? 実際に歯科診療をしている側から見ると保険診療には限界があるというのが実際のところです。

保険の前歯の特徴

まず、保険の前歯のかぶせものですが、これは「硬質レジン前装冠」とい言われるもので、簡単に言うとプラスチックを金属の上に貼り付けている、というものです。これは表面がプラスチックですから、平均的には2~3年程度で変色してしまいます。わかりやすい例にたとえますと、プラスティックの容器やタッパーウェアを使っていると色が変色してきます。それと同じなのです。

皆さんの周りの方にいませんか?前歯の色が明らかに他の歯と違う、黄色っぽく変色した歯がある方。 また、保険の前歯の場合、プラスチックですので、天然の歯の色、ツヤ、透明感を出そうと思っても、それを出すことができません。

ですから、変色していなくても、「あっ、他の歯と違うな」と感じてしまいます。 保険の前歯はプラスチックですので、変色だけでなく水分を吸収して、口臭の原因となることもあります。プラスティックの容器やタッパーウェアにいつもカレーを入れていると洗っても臭いが染みつきます。それと同じなのです。

保険の奥歯の特徴

前から4番目の歯を保険が適用される銀歯にすると、笑った時にキラッと見えてしまう方がいらっしゃいます。(口の大きさによって変わります)。また、もっと奥の歯でも、下の歯だと大きな口を開けて笑うと、たとえ奥歯であっても、かなり見えてしまいます。人と話をしていて、「あっ、銀歯が入ってるんだな」と思うことがあるのではないでしょうか。

もちろん、銀歯が入ってることが全く気にならないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、一方で「銀歯は入れたくない」という方がほとんどです。しかし、白い歯を入れたくても、残念ながら治療費が理由で銀歯をいれられる方が多いのが実情です。ということは、「別に銀歯で良いよ」と言っている本人は気になっていなくても、それを見ている人の多くは気になっているかもしれません。

銀歯は気になる?気にならない?

たとえば、外見にとても気を配られていて、キレイにされているし、本人もこだわりをもたれているのに、笑うと銀歯が3本ぐらい見えて、前歯は3本も変色している女性がいたら、どう思われますか?

「顔も美しく、外見もキレイなのにもったいない」と思いませんか? つまり、それぐらい、他人から見ると、歯というのは見た目に影響があるということなのではないでしょうか。

白くてキレイな笑顔と銀歯がギラッと見える笑顔ではどちらが良いでしょうか? その違いにはどれだけの価値があるでしょうか? 笑顔がステキな人ほど、やはり、印象というのは良いものですが、その第一印象が仕事においても重要なことだと思います。ということは、第一印象にも影響する笑顔、そこに銀歯が見えないということも対面を基本とした仕事においては重要なことになるかもしれません。

既製服とオーダーメードの違い

よくたとえで使われるのが既製服とオーダーメードの違いです。

「これデザインは良いんだけど、き、きつい!もう少し、やせていたらなー」 「これ、もうちょっと色が濃ければいいのになー」 「このスーツ、見た目は良いんだけど、肩がこるんだよね」 「足の大きさが左右違うから、左右別々のサイズを買えれば良いのに…」

このようなことを感じたことはありませんか? これと同じことが歯科治療でもあるのです。 自費治療ですと、十分な時間、良質な材料が使えますから、精度をかなり上げることができるのです。精度が上がると、洋服が体型にフィットしているのと同じように、咬みあわせがぴったりし、自分の歯とかぶせ物がしっかりフィットして、隙間を極限まで少なくすることが可能になるのです。

つまり、自費治療では高い技術を駆使し、ベストの治療を受けることが可能になるのです。

また、オーダーメードであれば、「デザインをこうしてほしい」とか「ここをもうちょっと、こうしてほしい」という要望に応えることが出来ます が、既製服であれば、あるものの中から選ばなければなりません。それと同じように保険のかぶせ物だと、例え白くても、出せる色は少なく、時間が経つと変色 してしまいます。

しかし、保険が適用されない自費であれば、色は天然の歯にぴったり合わせることが出来ますし、変色もしません。

  • 自分の口元に自信を持って生活していけること
  • 自分の口を健康に保つために、高い技術の治療を受けること
  • これらに、あなたはどれだけの価値を見出すでしょうか?

価値を感じるられる方には、自費の治療もぜひ検討されてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ