ホーム > 補綴

補綴


 

歯医者に対する疑問で多いものに、「自費と保険の治療は何が違うの?」というのがあります。

 

自費治療の最大の特長は、「身体にやさしい」ということです。
身体にやさしい材料を使えて、世界的に見てもスタンダードなやり方で、治療やメンテナンス、審美性の回復などを実現することができます。難しく言うと生体親和性とも言いますが、歯を削って人工物を身体の中にいれるのですから、使用する材料の身体に対するアレルギーなどの問題を当然考えなければいけません。また、補綴物(差し歯、入れ歯など)、修復物(小さい詰め物など)には、削った歯にぴったりと合う適合度、なるべく違和感が出ないように薄くするための強度、白い歯を再現するための審美性、長期の使用でも汚れず、壊れない耐久性、噛み合わせを再構築するための精度などを高い次元で要求されます。それらを実現するためには日本の保険診療範囲で使用できる材料では、すべてを満たすことが出来ないのが現状です。
その他にも、せっかく直した歯が、また虫歯にならないようにするためのPMTC、より白く、健康的な歯が欲しいという欲求を叶えるホワイトニングなどの、ただ噛めるだけのお口を取り戻すだけでなく、健康的で自然な感じを求められる方、今よりもさらに一段と美しい口元を演出したい方にお薦めです。

 

補綴物、修復物使用材料の一般的な特徴について

 

  • セラミック
    陶器のお皿やお茶碗と同じ陶材(セラミック)を用いて歯を治します。
    セラミックの特徴として、あなた個人の歯の色調、透明感、形態をフルオーダーメイドで再現することが出来ます。また、今現在の歯よりも白くしたい、形を変更したいなどの要望にも対処することができます。
    長所としては、素材自体が光の透過性があり、自然な透明感のある白さを表現しやすく、吸水性もないため、汚れが付きにくく、変色しません。より自然な色合いと形を再現します。
    短所としては、天然の歯よりも硬いため、噛み合わせによっては、歯の破折、磨耗などのダメージが出るときがあります。また、転倒、硬い異物などによる過度の衝撃により陶材のひび割れ、破折が起きるときがあります。
  • ハイブリットセラミック
    近年、ナノテクノロジーなどにより大幅に進化した強化レジン(プラスチック)とセラミックの両方の特長を持つ材料です。一般的なコスト重視の保険適用レジン(プラスチック)とは、比較にならない圧倒的な審美性、耐変色性を持っており、精度、耐久性などの面でも同様です。歯の色調、透明感、形態をフルオーダーメイドで再現することができ、今現在の歯よりも白くしたい、形を変更したいなどの要望にも対処することができます。
    長所としては、素材の硬さが、セラミックよりも天然の歯に近似しているため、歯に対するダメージが少なく、しかも強化レジンの粘りがあるため、破折しにくい特徴があります。そしてセラミックよりは、比較的安価に審美的な修復をすることが可能です。また、保険適用レジンに比較すると吸水性も少ないため、汚れが付きにくく、変色しにくいです。
    短所としては、セラミックよりも透明感が落ち、少ないですが吸水性があるので経年変化とともに若干変色が有ります。また適切でない歯磨き法などによる磨耗などにより表面の光沢が失われる場合があります。
  • 金合金
    18K、22Kなどで治す、いわゆる金歯、金冠と呼ばれるものです。金合金は、歴史的にかなり昔から使用されており、金属アレルギーなどの問題も少なく、歯へのダメージも少なく、長期に亘り、口の中で安定しており、適合の面でも優れています。審美的な問題をクリアーできれば、今現在でも使われています。昔、入れた歯と同じのにしたいなどのご要望がある場合は、ご相談ください。
  • 保険適用
    いわゆる銀歯と呼ばれるものです。12%金銀パラジウム合金と呼ばれる合金を使用して治します。経年変化で、黒ずんできますので、お口の中が暗い感じになりやすく、歯茎の色も黒く見えます。前歯に関しては、保険でも白い歯を入れることが出来ますが、法律で使用できる材料が決められているため、経年変化とともに一年から二年程度で変色してきます。また、セラミックやハイブリットセラミックのようにあなた個人に合わせた歯の形を、オーダーメイドすることはできません。

 

ページ先頭へ