ホーム > 治療へのこだわり 2 「切削道具」

治療へのこだわり 2 「切削道具」


切削道具

DSCF3260

歯医者がむし歯を削るときの「キーン」て音をだす道具を、一般的にタービンと呼びます。

他にも種類があるのですが、一般のかたが思い浮かべやすいのは「キーン」てやつだと思います。

あれは、空気の力で回しているのであんな音がします。

 

上の写真は、当院で使用している切削器具の一部です。

主にナカニシというメーカーのものを使用しています。KAVO製のものもあります。

タービンには、実は、車のように、色々な国のメーカー、グレードがあります。まさにピンきりです。

なぜ私が上記のメーカーのものを使用するかというと、

 

まず第一に精度が高くて、ブレなく、使いやすいからです。

これは好みがありますので、最終的に自分が思ったとおりに忠実に、道具として機能することが大事だと思います。

車でも日産派、トヨタ派、外車が好き、旧車が好きみたいな感じです。

 

第二に、使用後、毎回滅菌消毒しても平気な耐久性

実は、こっちのほうが大事なんですが、精密な道具にとってはなかなか難しいです。

患者様の安全のためには、使用するたびに毎回滅菌消毒が必要なのですが、かなりの温度をかけるため劣化するスピードも上がります。

 

第三に多くの患者様に安心安全な治療を提供するためのコスト

使用後、毎回滅菌消毒するには、かなりの数の本数が必要です。

上記の写真の本数分だけでも、プリウスが買えます。

 

ナカニシは、日本製で比較的コストを抑えながらも、高性能です。

まさに日本車と同じイメージ!

 

皆様への安心安全で、しかも正確な治療をするために必要な道具です。

ページ先頭へ