休診日 木・日・祝祭日
月・火・水・金
9:30〜13:00/14:30〜19:00
9:30〜13:00/14:30〜18:00

診療科目Subject

一般歯科

当院のむし歯治療で心がけていること、それは極力「健康な歯を削らない」ということです。
むし歯の進行が浅い時にはフッ素を塗布して定期管理を行い、削らずに経過を見ていきます。
削らない、抜かない、ということを意識して治療をしています。

むし歯治療で心がけていること

当院のむし歯治療で心がけていること、それは極力「健康な歯を削らない」ということです。
むし歯の進行が浅い時にはフッ素を塗布して定期管理を行い、削らずに経過を見ていきます。
削らない、抜かない、ということを意識して治療をしています。

むし歯の治療は、症状が出る前に来院していただくと、患者さまの負担もなく治療もスムーズに進めることができます。しかし、むし歯の初期はほとんど痛みを感じません。
そのため、日常のケアはもちろんですが、歯科医院での定期検診もとても重要になります。
「歯がしみる」「歯が痛む」のような症状が気になりましたら、ぜひご来院いただければと思います。

早期治療の重要性

歯は、一度削ってしまえば、二度と戻ることはありません。
やむなく削ってしまったところに対して、人工物に置き換える治療は施しますが、天然歯に勝るものはありません。
人工物を入れた部分も徐々に劣化が始まって、次第に周囲に歯垢が溜まったり、むし歯になりやすい環境が増えたりしてしまいます。
なるべく自身の歯を守り、長持ちさせるためには、やはり「早期治療」が欠かせません。
早期治療であれば、痛みも少なく、また治療回数も少なく済み、時間的、身体的な負担も少なく済みます。しかし仕事や子育てなどに追われてしまうと、「早期治療」にかける時間もなかなか取れないのが現状でしょう。そのため当院では、定期的な予防処置や、健康状態のチェックなどを、無理のない範囲でおすすめしています。

神経を抜く、抜歯になってしまうむし歯とは

自覚症状で痛みがある場合、むし歯はある程度進行している状態です。
状況によっては、むし歯が神経にまで到達していることも。詰め物が欠けたり、外れたりした場合、また歯が欠けてしまった場合にそのまま放置しておくと、そこに歯垢が溜まり、むし歯が進行してしまう原因になります。

歯を抜くことは、身体の部分をひとつ「失くす」ということ。臓器などの他の部分に負担がかかることになります。できる限り、歯や神経を保存すること。そのために、どんな治療法が適しているのかをご提案し、また日常生活におけるアドバイスなども当院では行っております。

治療を途中でやめてしまうリスク

どんなに気を付けていても、成人を迎えたら老化現象が始まります。よって、身体や歯も徐々に劣化していきます。その中で治療をやめてしまうと、治療に時間がかかったり、あるいは治療そのものが難しくなったりするケースも考えられます。
一歳でも若いうちに、また問題がまだ小さいうちに治療を開始しておくことは、最後まで自分の歯で美味しく食事ができ、自分の足で行動して活動できる身体をつくることにつながります。
「痛みがなくなったから終わり」ではなく、むしろそこからをスタートとして、歯の健康管理に留意していただけたらと思います。

治療後のメンテナンスについて

治療後の痛み対策

治療において、すべての方に対応できる完全な無痛治療は不可能です。たとえば、むし歯を削ったり神経の治療をしたりすると、痛みが出る場合があります。(詰め物が入るまでは若干しみることもありますが、治療が終われば緩やかに痛みがなくなります。)
また、神経の治療後は鈍痛が残ることもあります。これらの痛みに対して、当院では適切に鎮痛剤などを処方し、対応しております。
当院では、すべての治療において痛みが伴う可能性を考慮し、患者さまの負担が少ない処置を行っています。

診療科目Medical subject

医院案内Information

  日祝
9:30〜13:00
14:30〜19:00
(土曜は〜18:00)

モリヤデンタルオフィス

〒901-0223 沖縄県豊見城市字翁長854-2サクセスビル101
初診オンライン予約