ホーム > 差し歯・入れ歯

差し歯・入れ歯


なぜ保険の差し歯より、自費の差し歯を勧めるのか?

日本国内の保険で認められている差し歯は、世界的に見て一定レベル以上の基準にできないからです。「儲け主義なんじゃないか」と思われる方もいるかもしれません。違います。保険治療の制限が多くの歯科医師を悩ませているのです。

歯科医師の多くが、最善の治療をしたいと考えていますが、保険内ではどうしても難しい場合が多いです。なぜなら制限があるからです。歯科における保険治療で国が定める認可されている材料、診療報酬は、数十年以上も据え置きのまま、変更になっていないものが多いです。「この材料が治療方法が保険に適用になればよいのに」と思う項目がたくさんあります。

臨床をし続けて感じている点は、やはり吸水、変質しづらい、為外性の少ない材料を使って、質のよい接着剤を使えば、より自然な歯が入り、長持ちします。もちろん患者さんの経済的事情もありますので、保険も自費もどちらも正確な情報を伝え、最終的な選択は患者さんご自身に委ねています。

自費診療ならよい治療ができる。それを伝えないまま保険だけで済ませてしまうのは逆によくないことだと考えています。患者さんにいくつかの治療方法を提供するのは歯科医師としての義務だと考えています。もちろん、材料だけ良くて、腕が伴っていなければ意味がありませんので、常に研鑽を続けています。

当院では、カウンセリング、説明をし、料金、メリット・デメリット、などを話し、最終的な判断は患者様自身にしていただいています。最終的なものが決定すれば、保険だからとか、自費だからとかではなく、全力で治療させていただきますので、どうぞご安心ください。

当院で扱う超精密入れ歯(BPS)について

  • 入れ歯をしてから食事がおいしくなくなった。
  • 噛むといたくて何も食べられない。外れてしまう。
  • 人と話しをしていると入れ歯が外れたりプカプカしてしまう。
  • バネが見えるので入れ歯と他人にも判ってしまうのでカッコ悪い。
  • 食事や話しをする時に外れたり落ちてくるのではないかと心配でしかたがない。

このような総入れ歯でお悩みの方に、世界の一流の義歯メーカーが開発したのが、 「超精密入れ歯・義歯」です。
「精密(BPS)入れ歯・義歯」の「BPS」は、リヒテンシュタイン公国に本社を構える世界的な歯科企業、「イボクラールビバデント社」の生体機能補綴システム(BiofunctionalProstheticSystem)のことです。

BPSとはBiofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、イボクラール ビバデント社(リヒテンシュタイン公国)という国際的な歯科材料メーカーが推奨する入れ歯 製作のシステムで、ヨーロッパのみならず、アメリカの歯科大学23校でも教育カリキュラムに取り入れられています。日本では、認知度も浅いです が、日本の保険診療の枠を超えた世界標準の精密入れ歯製作方法です。

イボクラールビバデント社が、長年に亘る経験と科学的な研究により、高品質な義歯を製作するために必要なすべての製品を発展させてきました。システム化された製作手順により、品質の安定・時間の短縮が実現します

当院の入れ歯経験豊富な歯科医と歯科技工士の技術が加わり、確実にあなたにあった入れ歯(義歯)をご提供することが可能です。あなたのためだけに作られる超精密入れ歯です。

沖縄県豊見城市のモリヤデンタルオフィス院長 森谷良孝は、沖縄県ではただ一人の「イボクラールビバデント社」の実技及び認定試験に合格し、精密(BPS)入れ歯・義歯の国際ライセンスを取得しております。また沖縄県では琉球大学教授など3人しか持っていない日本老年歯科医学会指導医を取得しています。

良い入れ歯

良い入れ歯ってなんでしょう?違和感が少なく、痛みがなく、何でも咬める入れ歯でしょうか?
私が考える良い入れ歯とは、『落ちない、浮かない、咬みしめられる』入れ歯です。そのためには、しっかりとした型取り、上下の顎の位置関係、精密な製作行程が重要となります。

顎の骨が極度に吸収している患者さんの場合は、全く落ちない、浮かないという事は難しいですが保険の入れ歯と比較すれば『良い入れ歯』を作る事は可能だと考えています。

悪い入れ歯

保険診療には、様々なルールがあり、使用できる材料や治療方法に多くの制約があります。医科では、最新の治療方法も保険に導入されていますが、歯科に関しては国民が生活するのに困らない程度の最低限の治療しか認められていません。

健康保険で作られる入れ歯は、戦後からほとんど変化がなく、また負担金や保険料は多いのに全体の治療単価としては低く設定されており、満足のいく入れ歯を提供することはほぼ不可能に近いです。

患者さんはそれぞれ顎の大きさも違うのに、数種類の既成のトレーで、とれる範囲で型を取り、大体の位置で咬 み合わせを決めて、低価格な材料で製作されます。そのため、隙間が大きかったり、製作後にゆがんでしまったり、人工の歯がすぐに擦り減ってしまったりと良 いことは何もありません。

結果、薬局で売っている入れ歯安定剤に頼らざるを得なく、不快な思いをしながら食事をなさっていることと思います。何回も入れ歯を作り直しても『入れ歯は、こんなもんだ』とあきらめていた方、ぜひ一度BPS精密入れ歯の話を聞いてみませんか?

当院の拘りシリーズ ~差し歯の適合について~

当院は、差し歯の適合に拘っています。
自費の差し歯は、もちろんですが、材料の制限のある保険の差し歯でもかなり拘っています。

差し歯の適合を良くするためには、「術者の技量」が一定なら

  • 「印象の精度」
  • 「模型の精度」
  • 「製作物の精度」

を上げる必要があります。

口の中の型取り(専門用語で、印象といいます。)は、まず変形しないトレー(型枠)が必要ですが、ほとんどの歯科医院では、変形しやすい網トレーを使用しています。

なぜなら、その方が簡単に曲がるから口の中に合わせやすく、印象しやすいからです。

でも変形しやすいから、印象したものも変形しやすいです。

当院では、厚い板状のトレーを使用します。コストも高く、やりにくいですが、変形しにくい良い型がとりやすいです。

そして、印象材(型取りするための粘土状のもの)も重量を0.1g単位まで計測しています。一般的には目分量ですが、それでは膨張、収縮量のコントロールが出来ません。

練る為の水にも拘ります。沖縄の水道水は硬水ですよね。そのまま使用すると硬化時間がコントロールできません。

口のなかにいれてる時間も、毎回計測しています。

保険の差し歯を作る歯の周りは、歯科用の寒天で印象するケースが多いのですが、最高級のものを使用しています。

そして、当院では、差し歯を作る歯を印象するときは、必ず歯科医師がやるようにしています。保険のルール上では、資格を持っている歯科衛生士が印象してもよいのです。

でも、分かっている人がやると違うんです。
材料にも拘りますが、最後は手間隙をどれだけかけるかです。

外す時も、適当にやると変形します。
だから歯科医師がやります。

ちなみに、作る歯以外の型は、歯科衛生士にお願いしています。でも、かなり訓練を積んでいてうまいですよ。

続きは、次回に。

当院の拘りシリーズ ~差し歯の適合について~

今回は、模型の精度についてです。

まず、印象したものを消毒します。コスト的には上がりますが、安心・安全な感染対策のために必要です。これも拘りのひとつです。

石膏で模型を作るのですが、この石膏もメーカーによっても、グレードによってもピンキリです。これも沖縄で手に入りやすいものの中で私自身が、目利きをして選んだものを使用しています。

ここがキモですが、必ず混水比を計測して錬和しています。適当な目分量ではだめです。

錬和も、真空錬和器を使用し、硬化も湿箱(湿度100%)の中で行います。
でも一番大事なのは、分かっている人が模型を製作することです。

法律的には、歯科助手、歯科衛生士などが模型を製作してもOKです。

でも、ちゃんと分かっている人は、ほとんどいないです。
当院では、必ず私自身が製作しています。

ページ先頭へ